top

製品のご紹介

コンコード・エマーソン

コンコード・エマーソン炎イメージ コンコード・エマーソン外観イメージ コンコード・エマーソンパネルイメージ
エマーソン外観

コンセプト

日本の家、日本人の生活スタイルを考えたペレットストーブです。日本の家に合うコンパクトな大きさながら、炎からの輻射熱と、上下から送風される温風により、効率的にお部屋を暖めます。

火力と風量はダイヤルにより直感的に調整できます。炎を扱う機器として、高温時や地震の際には各種安全装置が作動します。

デザイン

正立方体に近いコンパクトなフォルムが特徴です。 カラーは、レッド、オレンジ、ブラック、シルバーの4色。 操作パネルには、音響機器のようなアルミの削り出しのダイヤル、スイッチを採用しました。 ラルフ・ワルド・エマーソンが訴えた超越主義のように、インテリアに存在感を放ちます。

※カラーは予告なく変更となる場合があります。

エマーソンカラーバリエーション

機能

エマーソン機能イメージ

自動供給・自動着火

  • 運転スイッチを押すと、自動で燃焼ポットにペレットが供給されます。燃焼ポットにたまったペレットは、ヒーターの熱により、3分から5分で着火します。

輻射と温風による暖房

  • 前面の窓ガラスや扉からは遠赤外線の輻射熱がでます。上下の送風口からは温風がでます。輻射と対流によりお部屋を暖めます。

火力と温風量、空気量の調整

  • 火力ダイヤルと風量ダイヤルでペレットが落ちてくる量や温風の送風量を調整できます。ダンパーで燃焼空気量の調整ができます。

着火タイマー

  • 最長12時間の着火タイマーが付いています。就寝前にセットしておけば、寒い冬の朝、 起床前にお部屋を暖めておくことができます。

掃除モード

  • 灰掃除やお手入れの際、ススや灰がお部屋に舞うことを防ぐため、「掃除モード」を採用しました。

安全装置

  • 本体が高温になる前に、風量を最大にして熱を放出します。
  • 地震など大きな揺れを感じると、燃料供給を停止して消火します。
  • 給排気筒の詰まりなど排気の異常を感知すると、燃料供給を停止して消火します。

構造

エマーソン構造イメージ

強制吸排気FF式

  • 燃焼用の空気を屋外から給気し、屋外に排気する強制給排気型(FF式)です。

燃焼のしくみ

  • 排気ファンにより強制給排気を行います。
  • 燃料供給モータで燃料タンク内にあるスクリューを回転させることにより、ペレットを自動供給します。
  • 着火ヒータの熱により、ペレットは3分から5分で自動着火します。
  • 燃焼室内が温まると、送風ファンにて温風が出てきます。

高い熱効率の理由

  • 燃焼室内のバッフルプレートにより、効率よく熱交換パイプ温めます。
  • 扉などの放熱塗料により、鋳物よりも速く輻射熱を出します。
  • 大きな耐熱ガラスは炎が良く見えるとともに、強い輻射熱を出します。

使用方法

準備

準備

燃焼ポットに灰が残っていないことを確認します。燃料タンクにペレットを入れます。

起動

起動

運転スイッチを押します。燃焼ポットにペレットが供給され、3分から5分で着火します。燃焼室が暖まると、温風が出てきます。

運転

運転

温風が出てきたら、ダイヤルで火力と温風量を調整します。

燃焼空気量調整

燃焼空気量調整

燃焼空気は、ダンパで調節します。ダンパ調節レバーを引き出すと空気量が増え、押し込むと空気量は少なくなります。

消火

消火

運転スイッチを押すと燃料供給が止まります。燃焼室の温度が下がると完全に停止します。

灰掃除

灰掃除

使用後や使用前など、ストーブが冷えたら、燃焼ポットにたまった灰をハケなどで掃除します。

定期的なメンテナンス

燃料タンクの粉掃除

燃料タンクの粉掃除

燃料タンクの底にたまった粉を掃除機などで吸い取ります

熱交換パイプの掃除

熱交換パイプの掃除

バッフルプレートを取り外し、パイプクリーナーを引き出して熱交換パイプを掃除します。

灰受皿

灰受皿

灰受皿(大)、灰受皿(小)にたまった灰を捨てます。

シーズンオフ

給排気筒の掃除(1)

給排気筒の掃除(1)

給排気筒に付着した煤を排気筒掃除用ブラシで掃除します。

給排気筒の掃除(2)

給排気筒の掃除(2)

給排気筒の横引部分の煤は、排気筒掃除用ブラシや掃除機で吸い取ります。

キャップの取付

キャップの取付

異物が侵入しないように、給排気筒の先端にキャップを取り付けます。

製品詳細

カタログ

concord カタログPDF

※PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

設置例写真

外形寸法図

外形寸法図

給排気筒設置参考図

給排気管は二重構造となっており内管が排気経路、外側が給気経路となります。よって給排気筒表面は高温になりません。 排気トップからの火の粉やメンテナンス性などを考慮 して屋外立上排気を推奨しています。

給排気筒設置参考図

設置スペース

ストーブから周辺の可燃物までの離隔距離は、左右の側面を600mm以上、上面および正面は1,000mm以上離して設置 してください(火災予防条例による)。 背面は100mm以上離して設置してください(自社基準)。

A・C 600mm以上
B・D 1,000mm以上
E 100mm以上

設置スペース

本体と給排気筒の設置基準

CADデータ

仕様

暖房方式 強制給排気(FF式)
強制対流形
点火方式 ヒータ点火式
使用燃料 木質ペレット
(バーク不可)
発熱量(入力)最大 5,500kcal(6.4kw/h)
23,400KJ/h
発熱量(入力)最小 2,100kcal(2.5kw/h)
9,000KJ/h
燃料消費量 0.5kg/h〜1.25kg/h
熱効率 80%
暖房目安 40m2
(約25畳、コンクリート)
タンク容量 10kg
外形寸法 W480×D535×H663
重量 80kg
電源 100V 50Hz・60Hz
電源ヒューズ 10A
定格消費電力 点火時 450W
運転時 60W/100W
安全装置等 感震装置・過熱防止装置 (70℃・90℃)
機能 着火タイマー・
掃除モード

※発熱量は木質ペレットの発熱量(低位発熱量)18,000KJ/Kg を基準に算出しています。
※製品改良のため、デザイン、仕様の一部を変更することがあります。

価格

メーカー希望小売価格
400,000円(税抜)
給排気筒、設置工事別途

ご購入は...

こちらもご覧ください

コンコード・オルコット